格闘家×タクシードライバー

大本格闘家支援

格闘家の方へ「格闘家タクシー」のご提案

仕事柄、格闘家の方、格闘技ジムの会長様とお話をすることがとても多いです。
どの方とお話をしても必ず出てくる話題としては、次のような内容です。

●格闘技だけで生活ができるのは一部のトップ選手だけ・・
●格闘技を続けながらも安定的な収入を得たい・・
●仕事と練習の時間が合わない・・

それらの選手の悩みをクリアできるのが、「格闘家タクシー」です!
実は、タクシードライバーは、安定的な収入を得ながら練習の時間も確保できる仕事なのです。

格闘家タクシーとは?

●勤務について
タクシーは朝も夕方も夜中も走っています。
通常、タクシードライバーには3つの勤務体系があります。
1「昼日勤」・・・昼間だけの勤務体系
2「夜日勤」・・・夜間だけの勤務体系
3「隔日勤務」・・・昼も夜も働く勤務体系
※ほとんどの会社が「隔日勤務」(例:朝8時~深夜2時まで)という勤務形態を採用しています。

「格闘家タクシー」は、「昼日勤」のドライバーです。
勤務時間例)
・朝7時~夕方16時まで
・朝8時~夕方17時まで
普通のビジネスマンと比べて朝が早いですが終わるのも早いです。
勤務日数も月に22日以上~という条件であるため、比較的休日も多いのが特徴です。
朝、少し早めに仕事を始めて、夜は練習をするということが実現できる職場環境なのです。

給与について

安月給というイメージがついてしまっているタクシードライバー。
ですが、実際はどうかというとまったくそんな事はありません。
タクシードライバーの給料は普通のビジネスマンと違い歩合の比率が多くなります。
各社多少その比率が違うのですが、売上の60%がタクシードライバー、残り40%が会社という形になっています。

タクシー1台当たりの一か月の売上は平均で540,000円です。
つまりそのうちの60%がタクシードライバー(タクシー運転手)の取り分になりますので月給は約324,000円となります。つまり年収に直すと3,880,000円です。
特に東京都のドライバーの平均年収は4,020,000円です。
日本の平均年収の一番ボリュームゾーンが300万円台ですから、その上位にいるという事になります。
全然安月給なんかではありません。
そして自分の頑張り次第では売上があがり月給で50万円、60万円と稼ぐ方々も多数いらっしゃいます。

以上、簡単ではありますが、「格闘家タクシー」の概要です。
私たちは、格闘家支援に賛同していただけるタクシー会社様と連携しています。

私たちは格闘家の方が安定的な収入を得ながら、最大のパフォーマンスを発揮できる環境づくりを目指しています。
ご興味ある方は、下記のフォームからご登録をお願いします!

格闘家転職支援へのご登録はこちら

コメント

    • 鈴木 聡
    • 2016年 2月 01日

    先日、株式会社リヴァさんのイベントで講演とエクササイズに参加させて頂きました、利用者の鈴木聡です。(バスケットボールのお話をさせて頂きました。)
    その節は、大変お世話になり、ありがとうございました。
    私自身、大本様のお話しにとても興味を持ち、今後の人生の働き方や人との関わり方、今まで出会ってきた方々との今後の様々な事も考える良い機会となりました。
    そして、もっとお話を聞きたいと思っております。
    また、先日、少しお話しさせて頂きましたが、体調不良の為に、参加出来なかった友人もお話をとてもお聞きしたいとの事です。
    その、友人の知り合いには、現在もボクシングをされながら家庭もあり、悩まれている方や引退しても定職につけない方がいる。と聞いています。(私は聞いた話なので詳しくはわかりませんが。)
    次回のイベントを待ってみる。と言う選択もありましたが、もし、大本様のご都合がつくようでしたら、是非、お会いしたいと思っております。
    また、費用等がありましたら、金額によってはお支払いしてでもお話ししたいと考えております。
    お忙しい中、勝手なお願いですが、何卒、ご検討の程、宜しくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。