ミライユは実業団としての活動を開始します

沖倉入社

ミライユは実業団として「格闘家 沖倉辰也さん」を迎え入れます!

2016年4月1日、現役格闘家の沖倉辰也さんが入社しました。沖倉さんは、2016年3月に大学を卒業したばかりの新入社員です。

夜の練習時間に合わせて、勤務時間の調整を行っていますが、日中帯はしっかりとビジネスに取り組んでもらいます。
私たちは、沖倉さんには、格闘家としても社会人としてもキャリアアップしていただきたいと考えています。
「格闘技をしているから、社会人経験を積めない。」 「仕事をしているから、格闘技の時間をとることができない。」
そういった悩みや不安なく仕事も格闘技も両立してもらいたいです。

s_DSC00343

【プロフィール】
沖倉 辰也
2016年 株式会社ミライユ入社。1993年6月29日生まれ A型。
東京都八王子市に生まれ育つ。国士館大学卒業。
テコンドー歴17年(ITFアジアテコンドー選手権大会二連覇)
キックボクシング(全日本学生キックボクシング ウェルター級王者)
テコンドー三段、合気道初段

【略歴】 5歳の時に父の勧めでテコンドー道場に通い始める。
中学二年生の時に日本代表に選抜され世界大会(イギリス)に初出場する。高校生の時には空手道やK-1甲子園の他流試合に出場。

大学生の時に国士館大学キックボクシング部に入部し全日本学生キックボクシング王者になる。
テコンドーではアジア大会(香港、マレーシア)二連覇。翌年の世界大会出場。 現在に至る。

s_DSC00567

【沖倉辰也 ご挨拶】

私は5歳からテコンドーを17年間続けています。
大学卒業を機に、就職して選手を引退するか、実業団に入ってテコンドーに専念するかを迷っていました。

いま、格闘技だけの収入で生活していくのは、とても難しいというのが現状です。 それは、実際に自分が格闘技を続けてきて、とても強く感じています。
ミライユでは、選手としても社会人としても活躍する環境に身を置くことができています。自分自身が格闘家としても成長しながら、社会人としても成長していきたいです。

また、これまで格闘技を続けてきたからこそ、他の格闘家の方のお役にも立てると思っています。
自分にしかできないような格闘家支援をしていきたいと思います。

s_DSC00569

【代表 岡田侑也 ご挨拶】

才能に溢れる若い力は、格闘技の業界はもちろん、今後の日本の宝です。
そんな彼でさえ、将来の夢をあきらめてしまう可能性がある。それが今の日本の格闘技の世界の現状です。

プロの格闘家として、安定した収入を得ることは非常に難しく、さらに競技をリタイアした後のセカンドキャリアの問題は、他のプロスポーツ同様、格闘技の世界でも大きな課題であると考えています。

弊社、株式会社ミライユでは、この問題を解決するために日々事業に取り組んでおりますが、
より格闘家の支援、格闘技の世界のよりよい未来を目指すため、2016年4月1日より、実際に格闘家の方々を採用し、支援していく実業団としての活動を始めることをここに宣言いたします。

まだまだ微力ではありますが、本気で業界を変えたいというまっすぐな想いは誰よりも強く持っております。
今後のミライユの活動にどうぞご注目いただければと思います。

コメントは利用できません。