【22卒の方へ】夢を持つこと

こんにちは!
今日は、私の将来の夢についてお話しします!!

私が大学3年生くらいのころから掲げてる夢として、
「キャンプ場を作りたい」
という夢があります。

昔から、アウトドアは家族ぐるみで好きでした。
6歳の時に家族海に行って、クラゲだらけの海に放り込まれたり。。
8歳の時には山に行って両親とはぐれ、超焦った両親が私のことをやっと見つけたと思ったらのんきに秘密基地を作っていたり。

また、中学生の時に湘南の海辺にひっこしてからは、
土日はもちろん平日も学校終わりに釣りに行ったり、海に行って過ごしてました。

そんな僕が「キャンプ」に出会ったのは高校1年生の頃。
地元のお世話になっている方がキャンプを趣味としていて、その方に誘って頂き山梨県のキャンプ場へ。
初体験でしたが、何もかもに感動しました。

自分でテントやタープを立てて生活空間を作るときのわくわく感。
焚火を囲の暖かさと、その周りで語り合う時間。
夜。とても静かな中で見上げた空の美しさ。

言葉では表せない、沢山の「感動」がその数日間に詰まっていました。

その魅力に取り付かれた自分は大学生になってキャンプ道具を自分で集め、
友達を誘ってよくキャンプをしていました。

最初は3,4人でしていることが多かったのですが、いつしか10人を超える大所帯に。
一番多い時は、20人以上でキャンプに行ったこともありました。

そんな友達のなかで初めてキャンプに来たたくさんの人が良く言っていたセリフがあって、
「もっとはやくこんな楽しいことがあることを知りたかった!!」

そのセリフを聞くたびに、私はうれしく思うと同時にもっといろんな人を誘ってキャンプを広めていきたいと思っていました。

しかし、所詮いち個人の経済力と人脈では貸してあげられる道具や声をかけられる人数は高が知れていて、それならキャンプ場作ろう!と思ったのがきっかけです。

なので、あえて言うならば「初心者にキャンプの良さを伝えられるキャンプ場」ですね。

しかしそのためには、キャンプ場に来るきっかけをweb上で作るスキル。とか、
社会でビジネスをする上でのマナー。とか、
1つの会社としてキャンプ場を経営していくスキル。とか。

色んなものが足りないなあと思って、「自分がいち社会人として成長できる環境」を求めて就職活動した結果、
『社員は生徒で、自分は教師。自分のすべてを伝えてあげて、自分を超えられるような人間に将来社員の人たちにはなってほしい。』
という言葉を頂いて、ここだ!と思ってミライユに入社しました。

長くなったんですが伝えたいことは2つあって、
1、自分の夢や、やりたいことを持ってそれを実現できるように就活することをお勧めしたいこと。
2、もし悩んでいたら、是非ミライユで将来への夢とその葛藤を話してほしいということです。

皆それぞれ色んな夢をもっていることでしょう。

それを恥じることなく胸を張って就活、仕事ができたら素敵だなあと思います(^^♪

コメントは利用できません。