ミライユで働くということ

こんにちは。株式会社ミライユの岡田です。

3月に入り新しい社員も続々と入社し、4月には新卒とさらに新しいメンバーが増えていくこととなります。
そんな中、日々面接をしていてこのブログを見ていただいている方も非常に多いため、今日はその方々に読んでいただければなと思いブログを書いています。どんな会社か少しでも知っていただければうれしいです。

・ミライユは人材紹介会社ではありません
ミライユは「みんなが羨むミライを創る」というビジョンを持った会社です。将来世界中で起きる課題を解決してより良いミライを実現する。そのためにミライユは存在しています。少子高齢化という大きな課題を抱える日本において、働く意欲はあるけれど働くことができていない人に最適なキャリアを提供することは非常に価値があると考え、キャリア事業を行っていますが、ミライユは人材紹介のみを行う会社ではありません。もし世の中を課題を解決する方法がおいしい野菜を作ることならば、農業だってやってしまうかもしれない、それがミライユです。

・転職サポートで大事なこと
例えばミライユの転職サポート事業でも、一般的な人材紹介事業を行っている企業さんと同じように営業売上の目標というものは存在します。ただし、転職サポートをする上で一番大事なものは売上ではありません。当たり前です。
①求職者の方が次の職場で豊かな人生を歩むことができる、そして②紹介先の企業で活躍をして企業に貢献する。この二つよりも大事なものは絶対に存在しません。その大前提を失って無理に売上を立てるような転職サポートはミライユでは絶対に許容されません。その思いに共感していただけるなら未経験の方であっても積極的に採用をしています。むしろ既存社員で経験者はほとんどいませんので、むしろ未経験でやる気のある方を歓迎します!

・自分の可能性を信じる
面接をする中で「将来どうなりたいですか?」という質問に「今までの経験を生かして〇〇になりたいです」とか「自分には今までのしっかりしたキャリアを歩んでいないので3年ぐらいでチームを持てたらいいかな?」というようなお話をされることがあります。特に20代半ばぐらいの方に多いような気がします。非常に残念だな~って思います。同じ人に「では新卒の時にどういう夢とか目標を持ってましたか?」と質問を変えると「おっきなプロジェクトを任される人材になりたかった」「20代で起業したかった」「新規事業の立ち上げをやってみたかった」というような答えが返ってきます。

新卒からたった3年とか4年働いただけで、元々持っていた大きな目標をあきらめて自分の可能性を閉ざして小さな目標に代わってしまっているのです。私は31歳なのでこれからどうあがいても実現できないこともあります。(例えばプロ野球選手になるとか20代で上場企業を作るとか)ただ、若い世代の人達は少なくとも私よりは無限に近いぐらいの可能性を持っています。たった数年の経験値で自分のキラキラした将来をあきらめるのでは無く、もっと自分の可能性を信じてあげてください。そしてミライユでチャレンジしてください。どうせならかっこいい大人になりましょう。

miraiyu_all

コメントは利用できません。